« ヤギの大怪我 | トップページ | 無事抜糸 »

2007年6月 1日 (金)

ゼロからわかる民法

 このブログ(サイト)の読者や「写真家」「熊探し屋」としての僕しか知らない人には意外なことかも知れないが、僕が専門学校で教えている重要な科目に「法律」がある。正確には、環境問題、特に自然環境とか野生生物とかに関係する法律を中心に教えている。
 もちろん、僕は法律の専門家ではないし、学生達だってそうなのだが、自然や野生生物に関わる問題を扱ったり、まして保護活動に関わろうとすると、こういった法律の知識があるとないとでは物事に対する理解が違って来るのだ。そもそもは、かつて学生時代に別の学校から同様の講議の依頼を受けたのがキッカケだったが、ともかく、僕なりに関係する法律を独学で学んで来た。
 そんな僕が講議で語る法律は、当初は「環境基本法」だったり「自然公園法」だったり「鳥獣保護法」だったり「種の保存法」だったり、ともかく直接・間接に自然や野生生物と関係したものばかりだった。いまでも、こういった法律がすごく重要な位置を占めていることには変わりがない。
 ただ近年、「それだけではダメ」と勉強して講議のテーマにも加えたのが「民法」である。国民一般の日常生活に最も密接に関わる法律で、物の所有とか取引とか、あるいは家族関係や相続に関わる基本的なことが決められている。これがどうして自然に関わるのかというと、例えば「水や空気は誰のもの?」「森は誰のもの?」など、自然物の一次的な帰属(心情論は別にして)の問題への答えがこの法律の中にあるからだ。自然保護関係の法律が定める各種の「規制」は、このような民法上の帰属関係を前提としたうえでの例外措置なので、基礎としてそういったことを知っておく必要があるのだ。
 あと、個人的には高千穂で住む家(土地)を物色している身であるが、不動産取引についても多くの規定が民法にある。最近話題になる、離婚女性が産んだ子供の問題とかもやはり民法の規定に基づいている。
 僕が最初に民法を勉強した時には、既にある程度法律を読んで理解する力が身についていたので、それなりのレベル解説書を参考にした。ただ、専門外の学生にも勧められるような、基礎的なポイントだけをまとめた本がないものか、とずっと探していた。
 で、最近になって発刊されたのが、表題の本である。民法のうち前半の「財産法」の内容を概説している。特に本書前半の「物権」の説明はシロートにも分かりやすい。後半の「債権」の部分は少し高度だが、社会人経験のある人なら理解できるのではないかと思う。
 ぜひ、今話題の民法後半部「家族法」についての続編を望みたい。

 

|

« ヤギの大怪我 | トップページ | 無事抜糸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180243/15277281

この記事へのトラックバック一覧です: ゼロからわかる民法:

« ヤギの大怪我 | トップページ | 無事抜糸 »