« 環境分野で飯を食う | トップページ | 子犬がやってきた »

2008年2月25日 (月)

なば木づくり

 朝は冷え込んだが、日中はポカポカ陽気の今日、なば木(シイタケの原木)を作った。木は先日妻の実家から丸太で2本譲り受けた。昨日、これにドリルで穴を開けておいた。あとはここに買ってきたタネコマ(ホームセンターで100個で500円くらいだったかな)を打ち込むだけだ。
 妻は子供の頃に実家がシイタケ生産していて、その手伝いが楽しかったと言う。そこで、長男(春で3歳)にも打ち込み作業をやらせることにした。小さな両手でハンマーを握って振り下ろしながら、種コマを穴に打ち込んでくれた。ほー、なかなか要領がいいじゃないか。
 出来上がった2本のなば木は、家の北側に置いた。収穫までにはしばらく時間がかかるそうだが、来秋くらいには食べたいなぁ。それまで、なば木が熟成(?)するのをゆっくり見守ろう。

Naba01

|

« 環境分野で飯を食う | トップページ | 子犬がやってきた »

コメント

どーも、ANNYです。
お久しぶりです。

タネコマ打ちですね♪楽しそう☆
…これって、観光客にやらせてみてはどうなんでしょうかね?
「ナバ木オーナー」とかいって1本5000円程度で購入してもらって、秋には収穫にきてもらうとか…

投稿: ANNY | 2008年2月26日 (火) 08時52分

ANNYさん、こんにちは。
タネコマ打ち、なかなか楽しかったですよ。作業は単純ですけど、シイタケが成長した姿とかを想像しながらやっていると、ワクワクします。
今回は2本だけだったから、少し物足りなかったですけどね。

確かに他所からのお客さんにやってもらうのも楽しいかも。今は刈干し切り体験なんかもやられていますから、そんなのの一環としてやるとか。

投稿: 栗原@高千穂 | 2008年2月26日 (火) 09時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180243/40260944

この記事へのトラックバック一覧です: なば木づくり:

« 環境分野で飯を食う | トップページ | 子犬がやってきた »