« 救急車騒動 | トップページ | ダイドー マイティブーツNS »

2014年1月 4日 (土)

おみくじ帳

 明けましておめでとうございます。今年もまた年賀状をサボってしまいましたので、私からの年賀状が届かないとお嘆きのあなた!あなただけではありませんのでご心配なく。お正月ということで、今日はそれらしいお話を。

 普段神社に行かない方でも、お正月の初詣くらいは…と言う方も多いでしょう。で、お参りがすんだらお守りを買って、おみくじ(御神籤)を引いて…と。さて、その引いたおみくじ、皆さんはどうされていますか?そのまま神社に生えている木の枝や、境内に設置してある「おみくじ掛」に結びつけて帰る方が多いかも。

 でも、ちょっとネット検索とかで調べてもらうと分かるのですが、おみくじを神社の木などに結びつけて帰るというのは、「縁結び」などの意味合いがある場合を除くと、ほとんど俗習のようです。「おみくじ掛」も、神社としてそこに結びつけて欲しいわけではなく、境内の植木をおみくじから守るための自衛手段にすぎないとか。「凶くじは結んで帰る」などの俗説もあるそうですが、そもそも神社で頂くものに(大吉だろうが、凶だろうが)縁起の悪いものなどあるはずがありません。

 この高千穂の地で神社大好きな相方と暮らしていますと、神社参りをしておみくじを引く機会がやたら多くなります。家族全員で参った日など4枚のおみくじが手元に残ります。そんなおみくじを保管するために、当家には「おみくじ帳」なるものがあります。この「おみくじ帳」は、今から6年ほど前に私の思いつきで始めたものなのですが、普通のノートに持ち帰ったおみくじを貼って、日付(くじに書かれていなければ神社名も)と引いた者の名をメモっておく…それだけのものです。
 実は、以前こんな体験をしたことがキッカケでした。
 ある神社でおみくじを引いた所、少し前に別の神社で引いたおみくじと内容がそっくりでした。帰宅して前のおみくじを探してみると、全く同じではないのですが、確かにキーワードや主旨がとても良く似ています。また別の機会には、本当に全く同じ文面のくじ(くじの番号が同じ)を引いた事もあります。こうして、おみくじは単なる「偶然」ではなくて神様からの明確なメッセージなのだ、と感じるようになったのです。
 子供がだいぶ大きくなった近年では、子供には「神様からのお手紙だよ」と教えています。それでもまだ次男は(福引きと勘違いして)「当り?」とか聞いて来ますけど。

 おみくじを「大吉」とか「小吉」とかの吉凶だけで一喜一憂するのは良くないそうで、その他の文面、特に和歌や裏面に印刷されている「神の教」などの文章をしっかり読むべきとか。それにはやはり一旦持ち帰るべきだし、粗末にしないためにもノートに貼るなどして保管した方がよいと思います。そういう意味で、「おみくじ帳」はお勧めです。

P1041879


|

« 救急車騒動 | トップページ | ダイドー マイティブーツNS »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180243/58882458

この記事へのトラックバック一覧です: おみくじ帳:

« 救急車騒動 | トップページ | ダイドー マイティブーツNS »